医療法人社団蘇生会 蘇生会病院

お問合わせ電話番号:075-621-3101

文字の大きさ

肩鎖関節脱臼

ホーム > 外来受診 > 診療科・医師紹介 > 整形外科・リウマチ科
  > 肩・肘・関節鏡センター > 肩鎖関節脱臼

肩・肘・関節鏡センター

肩鎖関節脱臼

どんな病気?

外傷により肩鎖関節が脱臼している状態です。鎖骨と肩甲骨をつなぐ靭帯が切れてしまうため、鎖骨が浮き上がってしまいます。

治療方針は?

切れた靭帯の状態により治療方針が異なります。鎖骨がほとんど浮き上がってない場合は保存治療を行いますが、完全に浮きあがった状態なら手術が必要です。
手術は関節鏡を用いて行います。切れた靭帯の部分を人工靭帯で補強しねじで固定します。そうすることで切れてしまった靭帯が自然に修復されることを手助けします。
術後は約3週間装具固定を行い、術後約3カ月から軽スポーツ許可、術後約6カ月から重労働、激しいスポーツを許可します。

*肩鎖関節脱臼の手術方法はいろいろな方法があります。一般的には皮膚を切ってプレートと呼ばれる金属の板をあてる方法が行われていますが、当院では関節鏡を用いた手術を工夫しています。

術前レントゲン

術後レントゲン

整形外科・リウマチ科へ»肩・肘・関節鏡センターTOPへ»

ページ上部に戻る