医療法人社団蘇生会 蘇生会病院

お問合わせ電話番号:075-621-3101

文字の大きさ

ピーリング外来

ホーム > 外来受診 > 診療科・医師紹介 > 皮膚科 > ピーリング外来

ピーリング外来はじめました。 -皮膚科-

皮膚の老化について

皮膚の老化の原因は加齢、日光の被曝、ホルモンバランスのくずれ、排気ガス、喫煙、化粧品などいろいろな要素があります。そして老化した皮膚は正常な皮膚のターンオーバーができなくなってきます。
正常な皮膚は28日に1回新しい皮膚にうまれかわり、古くなった角質はあかとなって外に出ていきます。
正常な皮膚のターンオーバーができなくなると、どうなるのでしょう?
ターンオーバーとは皮膚の下(真皮)から上(角質)に押し上げるカですが、上に押し上げられなくなった皮膚は、メラニンが残りやすくなり(シミの原因)、皮膚の中のコラーゲンが減少し(はりがなくなる)、古くなった角質は水分を失って(小ジワの原因)となってしまいます。

ピーリングをする意味

こうした皮膚の老化によるターンオーバーを薬で強制的におこすのがピーリングです。ピーリングは古くなった角質の一部を薬品で溶かし、皮膚の再生機構を促 します。角質を薬品で溶かすことで、皮膚の深いところ(真皮)から新しい皮膚を作ろうとするので、コラーゲンが増え(ハリの改善)、メラニンを角質に排泄 し(シミの改善)、新しくなった角質は水分量が増えます(小ジワの改善)。
また薬品自体にも線維芽細胞に働いてコラーゲンをつくり、メラニンを作りにくくする作用があります。

ピーリングがよく効く方

  • ニキビ、ニキビ跡
    できてしまったニキビにピーリングは良く効きます。
    ニキビ跡も1~2クールで効果が出てきます。
  • 小ジワ、ハリ
    皮膚のキメや化粧のりを改善。
    深いシワは表情筋のせいなので効きません。
    イオン導入されるとさらにハリが良くなります。
  • シミ
    角質内や表皮にあるメラニンはターンオーバーを促すことで、うすくなります。皮膚の深いメラニンには効きません。
    ハイドロキノン外用剤を使うとさらに効果的です。
    (ハイドロキノンローションも販売しております:3ml入りローション3000円)

ピーリングできない方

以下の方は残念ながらピーリングできません

  • 日焼け止めや帽子、日傘などの日光遮断ができない方
  • 妊娠中や授乳中の方
  • ケロイド体質の方
  • 施行部位にウイルス、細菌、真菌感染のある方(ニキビをのぞく)
  • 施行部位に放射線治療されたことがある方
  • 日光過敏症の方
  • レチノイド内服や外用をしている方
  • アトピー性皮膚炎の方

ピーリングの手順

では実際にピーリングをする時、どのような手順で行われるか簡単に説明します。

  1. 洗顔していただきます。
  2. 薬品をつけます。(約5分)
  3. 中和したあと、また洗顔していただきます。
  4. 氷水で20~30分ほど冷やします。
  5. イオン導入される方はイオン導入します。(約7分)
  6. 終了後、皮膚の診察後、すぐに日焼け止めなど基礎化粧品、化粧品をつけていただけます。

1時間以内で終了し、終わった後はすぐにお化粧していただけます。
※ピーリング前後のスキンケアーの仕方については、皮膚科外来にて説明します。

ピーリングの費用

初回 ¥5,400(税込)
2回目以降 ¥7,560(税込)※イオン導入あり
¥5,400(税込)※イオン導入なし
  • 別途診察料¥2,160(税込)が治療ごとにかかります。
    診察料は初診・カウンセリング時を除き、前払いとなります。
    キャンセルの場合、診察料はキャンセル料として取り扱わせていただきます。
  • 1クール6回です。2週間おきに1回となります。
  • 完全予約制です。毎週火曜日午前9時~12時

予約方法

ピーリング外来は、予約センターへお電話にてご予約下さい。
(受付時間:午前9時~午後5時 日・祝日を除く)

※1週間のケアが必要なため、実際の治療は2回目からになります。
※ピーリング外来は完全予約制です。

電話:075-621-3101(内線1001)

皮膚科トップページへ»

ページ上部に戻る