医療法人社団蘇生会 蘇生会病院

お問合わせ電話番号:075-621-3101

文字の大きさ

オルソケラトロジー

ホーム > 外来受診 > 診療科・医師紹介 > 眼科 > オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

近視および近視性乱視の角膜に、特殊なデザインのハードコンタクトレンズを就寝時に装用することで、角膜の形状を一定期間変形させ、日中裸眼で過ごせるようにする視力矯正治療です。レーシックなどとは違い、装用を中止すれば元の状態に戻せるのが特徴です。

適応できる方

  • 軽度・中等度の近視および近視性乱視
    (矯正できる度数に限界があり、まず適応かどうかの検査をします)
  • 目薬を頻繁にさす方
  • 水泳、格闘技、ラグビーなど接触のあるスポーツや激しいスポーツをする方
  • 定期検査に通える方
  • しっかりと睡眠がとれる方(目安:6時間以上)

■禁忌■
妊娠、授乳中の方、円錐角膜などの角膜疾患、免疫疾患、糖尿病、治療途中に車やバイクが必要な方には処方できません。

■職業上不適■
パイロット、車両運転士(オルソケラトロジー中止後半年以上経過すれば可)

方法

特殊なコンタクトレンズを毎日就寝時に装用します。
効果を維持するために治療を続ける必要があります。
(装用を中止すると徐々に元に戻ってしまいます。)

eye

期待できる効果

日中裸眼で生活ができるようになります。
但し、形状が安定するまでに1週間から1ヶ月時間がかかります。
8割以上の方が矯正視力(1.0)となり満足されていますが、治療効果には個人差があり、 必ずしも期待する効果があるとは限りません。装用を中止すれば元の状態に戻せます。
近視の進行を予防できるともいわれています。

注意点

  • 治療費(治療用レンズ制作費・使用料、定期検診代含)は保険適応外の全額自己負担となります。
  • 通常のハードコンタクトレンズと同様に、角膜炎や角膜障害、アレルギー性結膜炎などのリスクがあります。また不正乱視が増えることもあります。
  • 必ず定期的な受診が必要です。
  • レンズは2~3年で交換する必要があります。
  • 臨床試験は20歳以上で行われており、未成年についての有効性・安全性については確立されていませんが、医師の判断でお子様(小学校中~高学年以上。自己管理がしっかりできるようになってから)に使用することも可能です。近視進行予防の効果が報告されています

その他合併症、使用に際しての注意点、料金など、診察の際に詳しく説明します。

ご希望の方はまずはお電話でオルソケラトロジー外来(第1木曜日 午後3時~)を予約し、適応検査をお受けください。

※担当医師産休中の為、しばらくの間、休診とさせていただきます。

ページ上部に戻る